かつて遊び相手だったロボットが生活を支えるようになりました。

ゲームに出て来たようなロボットが今や現実に登場してきています

しかし、それはロボットの一ジャンルにすぎない。インターネット上のポータルサイトでrobotと入力してみるとすぐにわかるが、検索ソフトそのものがロボット、あるいは省略形の「ボット(bot)」と呼ばれている。つまり、形を持たないソフトウェアもロボットなのである。テレビゲームをメディアとして考えた場合、その特徴のひとつはインタラクティブであることといわれる。わかりやすくいいかえれば遊び相手をしてくれることだろう。攻撃してくる敵のいないインベーダー、追いかけてくる鬼がいないパックマンはあり得ない。

テレビゲームは、原始的な形ながら、明らかに、遊び相手ロボットだったのだ。こう考えると、一見別々の流れにあるようないくつかの現象が、ひとつの大きなうねりとして、まとまって見えてこないだろうか。テレビゲームの登場(70年代)、パソコンの普及(80年代)、『たまごっち』などの「育てゲーム」の流行(90年代)、娯楽ロボットへの注目(2000年代)……。

20世紀を代表する技術であるコンピュータ。その発明が、人類の歴史に大きな影響を与えたことは間違いない。それはある時点で、効率化を追求する道具としての技術と楽しみを提供する「相手1ーパートナー」としての技術へと、大きく二分化していった。前者は、もちろんビジネスや研究に使われる技術や、産業用ロボットのことである。後者への分岐点になったのは、紛れもなくテレビゲームだ。そして今、私たちはソフトウェア中心の「遊び相手ロボット=テレビゲーム」から、身体を持った「パートナー・ロボット」の時代へと大きく踏み出そうとしている。
パズドラをプレイしていて普通に攻略しても面白みが無いと思っていました。そこでパズドラ 裏技で検索をしてみたらいろいろあるようです。早速試してみようと思いました。


これは、ラッセルらの初期開発者だけでなく、周囲にいたハッカーたちが、ゲームをおもしろくするために、よってたかって改良を加えた結果だ。改良に必要なプログラムのソースコードは、もちろん自由にコピーができるように公開されていた。

今の言葉でいえば、まさに「オープンソースによるソフト開発」そのものである。そして、『スペースウォー!』は、MITから外に、インターネットの前進であるARPANETや磁気テープを使ってコピーされていった。その普及形式も、現在のリナックス(LINUX)の状況を先取りしていたといえよう。もうひとつのテレビ『スペースウォー!』が、コンピュータの側からのテレビゲームへのアプローチだったとすれば、テレビの側からのアブローチは、1966年に始められていた。

新着記事
2013/09/18 注目記事を更新しました。
2013/09/14 新着記事を更新しました。
2013/09/13 熱狂的にプレイを更新しました。
2013/09/10 統計や科学実験を更新しました。
2013/09/08 学生のスラングを更新しました。
2013/09/06 可視化する装置を更新しました。
2013/09/05 ゲームに出て来たようなロボットが今や現実に登場してきていますを更新しました。
2013/09/02 ホームページをリニューアルしました。

オススメサイト
ソラノヴァ[聖なるお城の魔法定理] Master of MonstersSQUARE ENIX オンラインゲーム
魔法定理を携え、少年少女よ、旅立て!フルHDで楽しめるブラウザゲー、大技で爽快!総数1000体以上のモンスターカードを収集、育成することで自分だけのモンスターを生み出せるゲームです誰もが知っているファイナルファンタジー、ドラクエなどのオンラインゲームサイトです。